スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.10.06 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

被災地の今〜石巻と大船渡

みんなで口笛の平塚です。

今日、みんなで口笛に参加してくだった画家のはまぐちさくらこさんと会いました。
被災地の大船渡と石巻に行くとメールをいただいて、
帰ってきたらぜひお話を聞かせてほしいとお願いしていたからです。

はまぐちさんが撮られた写真とお話した内容から、
被災地の今はお伝えできればと思います。

まずは岩手県の大船渡。
津波で多大な被害を受けた町のひとつです。

大船渡1

今もこんな感じ。
まだまだ瓦礫が山積みで、鉄骨だけの建物。
手つかずの場所が広範囲に渡っているのがわかります。

大船渡3

現地で知り合った人達と美容室の壁面に絵を描いたそうです。
この画像はまだ未完成の状態だそうですが、
完成はもっと華やかな壁面になったんだとか。
「フラワー」という名前の美容室だったそうなのですが、
お陽様の絵が印象的で店長さんが「サンフラワー」と改名したんですって。

大船渡4 大船渡5

こちらは宮城県の石巻。
町や商店街を明るくするために描いた絵を自動販売機に貼ったそうです。
気持ちが楽しく、明るくなりますよね。
子供達もたくさん協力してくれたそうです。

大船渡2

酷い爪痕を残した震災被害ですが、
でもこの写真をよく見てください!
瓦礫の隙間から緑が芽吹いています。
復興の芽はこんなところにあるのだと気づかされる1枚だと思いませんか?

お話を聞いていると、まだまだ復興したとは言い難い状況でした。
それに、
現地ではまだまだボランティアも募集しているとか、
世界中から届いた物資は偏っていて余っているとか、
こちらではわからないこともたくさんあります。

はまぐちさんは最後に「また行く」と語っていました。
自分にできることをできるだけ、できる限り。
それが大切だとあらためて思いました。


1

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:30 最後に更新した日:2011/09/25

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM